LuaTeXでルートの簡略化の計算問題の解答の作成(虚数のケースに対応)

以前の記事でルートの簡略化の問題を作るスクリプトを書いた。 もともと、これは二次方程式を解く問題の解答を自動生成するために作ったものである。よって、虚数にも拡張しておきたいという自然な欲求がある。そこで、虚数も混み(ルートの中身をマイナス)…

キーボードの使用許可は手書きが厳しい人への配慮として機能しない場合がかなりありそう

高校の次期指導要領のパブコメ募集が出た。私の本業は情報であるが、国語の指導要領に特に注目していた。情報は、色々と理系風に高度化したがってるから、現状の何かを追い出さないといけない。その追い出し先が国語になりそうだったからである。期待として…

LuaTeXでルートの簡略化の計算問題と解答を生成

昨日の2次元方程式のファイルを、ルートの簡略化が発生するケースに拡張したいと考えている。その一歩として、ルートの簡略化をするためのコードを書いた。 結果として、次のような計算問題と解答までは作れるようになった。途中式はまだ。 Luaのコード -- …

LuaTeXで解の公式の問題(実数解・ルートが残る・ルートの簡略化なし)の問題と解答を作る

昨日の話の続きのようなものである。 今度は2次方程式の問題のうち、解の公式を使って解くものの問題と解答を生成できるものを作った。今日も、LuaTeXで強引にやっている。そんなに無理してTeXを使わず既製品を使えという話ですが・・・ネタだから問題ないと…

LuaTeXで簡単な2次方程式の問題と解答を作る

中学生的な数学を教えていると、ワンパターンの2次方程式を解く練習を大量に作りたいということがある。 LuaTeXを使って作ってみた。2次の係数は1・解は0か2解を足して0になる以外の整数・異なる2解を持つケースに対応している。前の2次関数のときと違い、方…

LuaTeXで2次関数の頂点を計算する問題の解答を作る(2次の係数は1, 頂点整数のケース)

数学の授業を持っていると、自分の思う通りの途中式で解答を作りたくなることがある。特に、持っている学力層によっては問題集そのままの解答は使えないので、必然的にそうせざるをえない。解答は数値だけを見て、問題を解く方法は授業で教えた方法に読み替…

LuaTeXで単回帰の係数を計算して本文に埋め込んだ

最近、業務で単回帰に関連した問題を作った。データと推定式を与えて、 残差二乗和の式 式の簡単な解釈を書かせる問題 の2つを書かせる問題である。この問題を作ろうとすると、データと回帰式の両方を問題文に書く必要がある。 業務では、与えたデータをRのl…

HTMLで簡単な数学の小テストを作る(紙・1段組・1枚物)

少し前であるが、Wordの旧式数式プラグインが突然削除されて話題になった。TeXを使っている私からすると、旧式の数式エディタプラグインがどうなろうと関係ない。 授業でWordの数式エディタの存在を教えるときも新式エディタで教えているので何も問題ない。…

タイピング練習に目隠しを使ってみた

タッチタイピングの初期指導の方法の一つとして、手首にタオルをかけてタイピングをさせるという方法がある。しかし、この方法は私は嫌いである。手首に物が乗る感触で集中力が削がれるのが許せないからである。 シールを貼ってキーを隠す 最近、タオルをか…

tikzのcalcを使って帯グラフの帯の幅を計算してみた

前の記事で書いたtikzで描いた帯グラフを、calcを使って書き換えてみた。帯の真ん中に入る線をcalcで計算してみた。 \documentclass[uplatex,dvipdfmx]{jsarticle} \usepackage{tikz} \usetikzlibrary{calc} \begin{document} \begin{tikzpicture} { \def\ha…

tikzでやっつけ仕事の帯グラフを描く

tikzでまともな図を描こうとすると、それなりに苦労する。 しかし、やっつけで割り切った図を描くと決めてあえば、それなりに楽に使える。 例えば、ちょっとした帯グラフを手計算で描くぐらいのことは大した手間ではない。 下は、某社の情報の教科書にあった…

tikzで3辺の長さを指定した三角形を描く

tikzはtexの本文に少し図をつけるときには便利なパッケージである。emathは図に関しては準備が大掛かりになるので、そういう準備をしたくないときには使いにくい。よって、一時期、tikzで業務に必要な図を描いていた。 最近、大昔にtikzで3辺を指定した三角…

pgfplotsで5数要約から箱ひげ図を描く

高校数学でデータの分析の話をするときに(次期指導要領では中学だが)箱ひげ図を描く必要があることがある。 このとき、5数要約から箱ひげ図を描きたいという需要がある。Studyaidは良きに計らってくれるはずである。しかし、そんなものに縁の無い私はTeXで…

tcbitemizeで横並び・下線の解答欄を作る

今日もtcolorboxで強引に解答用紙を作る話である。 以下のような解答欄を作ることを考える。 上を出力するためのソースである。 \documentclass[uplatex,dvipdfmx]{jsarticle} \usepackage[raster,skins]{tcolorbox} \newcommand{\visible}{visible} %解答の…

tcolorboxのカウンタを使って解答用紙の問題番号を振る

TeXで解答用紙を作るとき、問題番号は手で振りたくない。したがって何らかの形で自動化をするのが普通である。ここではtcolorboxのタイトルを使って番号を振ってみる。 次のような解答用紙を作ることを考える。 問題番号の下には解答欄が入らないようにした…

下線形式の解答欄を作るのにtcolorboxを使う

TeXのtcolorboxパッケージは、パッケージ名に"box"と付いている。そのため、箱を作るためのパッケージというイメージがある。しかし、箱から下線以外を消去すればただの下線である。よって、下線を引くことに使うこともできる(邪道だが)。 テストの解答用…

最上段の数値キーは打てなくて良いと言われたのでいらっときた

キーボード最上段の数値キーは打てたほうが良いのだろうか?打てないよりかはそれは打てた方が良いまでは確実に言える。 しかし、テンキーで打てる(といってもブラインド打てるわけでもないのに)から問題ないとまで居直られていらっときた。こっちは、最低…

JISかな入力用練習メモ(行ごとのかなの配置・雑感)

業務上、かな入力の練習メニューを作ることになったのでメモ。指が覚えているので、どの段に何が配列されているかがパッと出ないのでここにメモ。 自分が、JISかなで入力してればキーを押していくだけで下に相当するものが得られるのでメモの必要はない。し…

どのような順番でローマ字入力を練習させるか

情報の授業において、タイピング指導は通常は十分な時間が割けない。自分自身は色々とひねりだして時間を割く。身体に覚えさせることは、どうやったって時間がかかるものと考えているからである。「やっていたら慣れる」は、ある程度のスペックを持っている…

特定のひらがなのみを含む単語を大量に用意する(2)単語の抽出

(1)では単語のリストを作成した。あとは、そこから特定のひらがなのみを含む単語を抽出するだけである。単語リストは次のような形になっている。 しまい あやぎぬ ようさい くみうち きない このようになるように(1)で作ったNoun_yomi_a.csvを使ってい…

タイピング練習にしりとりを使う

最近、かな入力の指導を少ししている。その練習の一つで、しりとりをやらせてみた。練習の目的は、あいまいなキーの位置の記憶を、スムーズに引っ張り出させるようにすることである。 練習にしりとりを使うメリットとしては、 最後のひらがなと最初のひらが…

特定のひらがなのみを含む単語を大量に用意する(1)辞書を用意して単語リストを作る

特定のひらがなのみからなる単語を大量に用意することについて考えていく。 動機 初学者のタイピングの指導の方法として、まず「a, i, u, e, o」を覚えさせてから、あとは適当に日本語を打たせるという方法がある。しかし、記憶力の低い生徒にこの方法を取ら…

それなりの入力速度がないと作文にPCという選択は消されやすい

PCを作文に使うことを前提にしたとき、どの程度の入力技能が身についていればストレスなく使うことができるのだろうか? 情報の人間のはしくれとしては、生徒の「手書きを好むからPCが合わないからいかなる場合も使わない」という言は「自分のキーボード入力…

表(tablar)のセルにtcolorboxを使って問題と解答を切り替える

TeXで分割表の中の数値を埋めさせる問題の解答欄を作ることを考える。 外側の表自体はtabularで作るとして、その中の要素に問題と解答の切り替えの可能な箱を埋め込む。以下の画像のようなイメージ。 今まで、この手の表中の数値はemathのhako.styの\maskHak…

作文で生徒がキーボードを「選べる」だけ恵まれている

最近、一部で見かけた議論に、作文は手書きで行うべきかPCで行うべきかというのがある。 穏当な結論は「手書きとキーボードのどちらが良いかは書き手に使い分けさせれば良い」になる。このような結論を出される方は平和な生徒しか見ていないのだなと思ってし…

sedでファイル内のvisibleとinvisibleを切り替え

TeXのtcolorboxで解答を埋め込むプリントを作ったとき、ファイルの数が多くなると手作業でまとめて解答ファイルを作るのは手間。1個1個エディタで開いてinvisibleをvisibleに書き換えるのは人間的な作業ではない。 それが嫌で、解答ファイルをコンパイルする…

tcolorboxでテストの解答を埋め込んだファイルを作る

高校の数学のプリントやテストでは、問題用紙と解答用紙が一体になっているものが多い。このタイプのプリントやテストの解答は、問題用紙と同じレイアウトに解答を埋め込んだ形で作りたい。 このとき、問題ファイルと解答のファイルが別々になっていると不便…

Blog開設

TeXのメモ書き用などを中心に書く予定。